本文へ移動

法人理念

玉田山福祉会基本理念

『くつろぎの生活・ふれ愛のサービス』
『自分らしい生活』
『家族が・自分が暮らしたい施設』
 
 
『くつろぎの生活・ふれ愛のサービス』
玉田山福祉会創業以来、守り続けてきたモットーで、これからも守り続けていく伝統ある理念です。思いやりの心を大切に、笑顔に包まれた暮らしのお手伝いを続けてきた実績と想いが集約されています。
『自分らしい生活』
サービス提供者が専門的な知識をもって行うサービスでも、その人にとっては好まないこと・苦痛なことであったり、毎日を穏やかに過ごせて幸せだと感じる人と、何もする事がなく時間だけが過ぎて暇だと感じる人もいるように『自分らしさ』は十人十色です。人それぞれの自分らしさを自由に出せる生活が『自分らしい生活』だと考えています。

『家族が・自分が暮らしたい施設』
親など自分の大切な家族も自分自身も、いつどのような状態になるかわからない。利用者様と親や将来の自分を重ね合わせ、利用者様や家族様の立場に立って、言動・行動・環境・対応・サービス等、どのようにすれば笑顔になり、安心して暮らしていけるのかを考え、理想を追い求めて、改善を繰り返した先にある施設だと考えています。

運営方針

ご利用者様が可能な限り、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な日常生活の支援および機能訓練等を行うことにより、社会的孤立感の解消および心身の機能の維持ならびにご家族様の身体的および精神的負担の軽減を図るものとし、以下の項目を方針とします。
 
  • ご利用者様の人格を尊重し、つねにご利用者様の立場に立ったサービス提供に努める。
  • 明るく家庭的な雰囲気を有し、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行う。
  • 市区町村、他の介護保険施設その他の保健、医療または福祉サービスを提供する者との密接な連携に努める。
TOPへ戻る